002_9a9aa7885588cf14036b9088cacea646
いろいろ言われている新アクセですが、防衛軍の占いワンオペ的には非常にありがたいものだと思います。

20180707162245
使えそうだと思ったので急いで完成させてきました。
雷ダメージ1%アップを3か所につけ、魔王のネックレスで攻魔+5を伝承して完成



というわけで、今回は塔のタロットでデッドボーンを倒すことを考えます。
デッドボーンのHPはこの記事で検証した通り900です。


・計算式とか

塔のダメージ = 
” (123/900) x (魔力-10) + 90 ”

ゆきひょうさんのサイトより引用


これをもとにダメージ下限の表を作ってみました。
20180707161310
上記表より

デッドボーンを1発で倒すために必要な攻撃魔力は、今までは769必要だったところが、知謀の首かざりを取り入れることで734まで下がりました。
さらに、魔王のネックレスから知謀の首かざりへ付け替えることで、攻撃魔力は15ポイント上昇するため

769 - 734 + 15 = 50

と、デッドボーン1発ラインが合計50ポイントも緩和されました。

今まではべビンゴサタン系のタロットをかなり入れる必要がありましたが、現在はほとんど必要なくなっており、実用的なラインになったのではないでしょうか。

20180707151857
20180707152023
20180707152015
実測値はこんな感じで調査してきました。

攻魔733~735でダメージを確認し、ちょうど倒せるラインが攻魔734。
1でも低いと899ダメージになり倒せません。

それ以外の数値は計算式と実測値からの推測になりますが、だいたいあってるはず・・・
ちなみに、タロットのダメージは計算式の関係から飛び飛びになるので、900,904,908....みたいになるようです。


・使う場面
20180707162115
屍獄の討伐パーティでこんな場面に心当たりないでしょうか。

画面奥、9:40に出現する小屋側のデッドボーンが残ってしまっている状態。
残ったままだとツッコミで北に向かう際に引っかかってしまったり、突然ワープしてきて鉄甲斬がデッドボーンに当たってしまったりすることが度々あります。

20180707162118
敵の出現位置は、ある程度の範囲でまとまったり散ったりします。
最近は真オノむそうで処理するパーティが多いようですが、上の画像ではかなりまばらに出現しているため、オノで倒そうにも2回に分けてようやく倒せるかどうかといったところ。

20180707162122
塔のタロットならこの通り。
真オノむそうの範囲はVer4.0の上方修正で半径4mから5mへ拡大されましたが、塔のタロットはスミスが減って実質弱体化したにも関わらず、半径9mというオノの2倍近い広範囲を誇ります。(ちなみに修正前は半径12mでした。)
※タロットの範囲はすべてマッドスミス全投入の数値

魔力が足りない場合でも、どうぐ使いのデュアルカッターと占い師の塔のタロットの組み合わせで安定して倒すことは出来ましたが、その場合は闇の魔鐘が倒せず残ってしまい、結局もう1人攻撃に参加する必要がありました。

今回の組み合わせ、占い900塔+ヤリ道具さみだれ突き であれば、2人で倒すことが出来るため、他の職業の動きにもかなり余裕が出ると思います。


・塔引けるの?
引けます、引きます!

それっぽく計算してみたところこんな感じ

1ターン目:力のわたぼう
2ターン目:手札交換
3ターン目:手札交換
4ターン目:リセットベール

という手順を想定します。

この手順で塔のタロットか死神のタロットを
3ターン目までに引ける確率:95.57%
4ターン目までに引ける確率:99.78%

のようです

3ターン目までに引ければもちろんリセットベールは不要。
ターンが余ったら皇帝や教皇など補助タロットを使ってもいいですね。

半径9mの塔のタロットを引けるのがベストなのはもちろんですが、死神のタロットも半径8mでなかなかの範囲を持つため、引いたらキープしつつ塔を探す動きがお勧めです。
運悪く0.22%を引いた場合は頑張ってください・・・


・ベルト変更の影響
201806211005b
このブログでは基本的に闇ベルトを推奨してきましたが、闇ベルトから雷ベルトに変更した際の影響についても少し。


★デメリット
・結界や自分がダメージを受けることが少し増える

こちらの記事
でも書いたように、呪いの蓄積ダメージで倒せる状況が多いため、倒すこと自体にはほとんど影響しません。
死神のタロットのダメージを入れてから呪い蓄積で倒すまでの間に結界が攻撃を受けてしまったり、追いつかれて自分がダメージを受けたりという状況は少々増えると思います。
ですがこれは気にならない程度だと思います。

★メリット
・『塔のタロットで倒しきれない状況』が発生しなくなる
・最初のデッドボーンをスムーズに倒せる
・ボス班と合流した際の火力が上がる


上の2つは同じようですが意味合いがちょっと違って、1つ目は事故に直結するもの、2つ目はタイムロスにつながるものです。
今まではボス班と合流した際の火力よりも、ワンオペの安定度を少しでも高めることを重視していたため闇ベルト推奨としてきました。
ですが、デッドボーン処理の安定は全体の安定に直結するため『1発で倒せるのであれば』雷ベルトが優位になると考えています。


というわけで、今後ベルトに関しては
・攻魔を高めて塔のタロットで900ダメージが安定するなら雷ベルト。
・塔のタロットのダメージが低い場合は闇ベルト。

と使い分けるといいかなと思います。



・・・と、ここまで書いておいてアレですが、この動きはある程度占いワンオペになれた方が次のステップとして取り入れることをお勧めします。
いきなりだとやること増えたり、結界や自分のHPに負担がかかってわたわたしちゃうと思うので;;

あとちょっとステータスの敷居も高めかも、上下成功品に加えて、デッキにべビンゴが1枚くらい必要になります。

ですが選択肢が増えることは喜ばしいことだと思うので、最初に出現するデッドボーン処理でお悩みの方はこの動きを取り入れることを検討してみてはいかがでしょうか。




というわけで今回はそんな感じで~!

20180525-0251_435198157
でゅわっ!!!



↓ブログランキング参加中!(1日1クリック有効)

ドラゴンクエストXランキング